今日も好きに生きてます。~37歳スペイン短期留学&周遊

留学ってその気になればいつでも誰でもできるんだね。ってことを体現するブログです。

第3週目

先週は例のイタリア人女子会は木曜と土曜だけでした。

水曜も誘われてたけど、結局行かなくて、で木曜学校から帰って来て、私こんなことでいいんだろうか、と自問。

確かに私は友達を作りに来たわけじゃなくてスペイン語を学びに来たわけだけど、ちょっと疲れてるとかそんな理由で周りの人を排除して壁を作るのは、それは果たして「冥土の土産」または「酒とバラの日々」という主題から離れるのではなかろうか、と。

多少環境が変わったくらいでは自分自身は何にも変わらないなーということをじんわり感じ始めていたところで、私はやっぱり1人が好きだけど、物事によっては1人じゃつまんないってこともあるのは疑いようもない事実だし。

とか悶々考えてたところに、いつものイタリア女子から、「これからタパス&ビールなんてどう?」とワッツアップ。

行く!

即答しました。(笑)

そんな、私をいつも気にかけてくれたイタリア女子が日曜イタリアに帰っちゃいました。

元々2週間の滞在の予定でしたから。

このイタリア女子なしに、私はこれからどのようにして人間関係を作っていくのかが見ものでございます。

今の私のクラス以外の知り合いはみーんなこのイタリア女子の紹介だからね!

 

第3週目が始まりました。

先週新しく入った5人の内3人は当初から1週間だけの滞在の予定で、今週は新しく2人(ドイツ人1人・フランス人1人)の生徒が来ました。

なので総数9人。

バケーションシーズンが終わりに近付くにつれ、生徒も減っていきます。

現在の構成はドイツ人4人、オランダ人2人、イタリア人1人、フランス人1人、と私。

新しく入った2人に挟まれた席に座ったんだけど、どっちの人ともうまくやれそうで安心。

先生は4人いるんですが、毎週変わることもあると聞いていたけど、2週間同じでした。

が、今週になって変わることに。

難しいことばっか言う先生だったらやだな、と思ったけど、今日の2人の先生はどっちも良かった。

明日の先生は内1人は知らない先生ですが、内1人は最初からずっとついてる先生。

ちなみにこの先生ちょっとニガテかもしれない私。^^;

先週金曜の授業全然わからなくて凹んだのですが、その授業受け持ってた先生です。

先週金曜の授業は歴史とポエム。

自慢できないことですが私世界史で赤点取ったことありますからね!

そして、自慢できることですが昔から何にも勉強しなくても国語の成績だけは良かった私ですけども、そんな私が唯一苦手だったのが詩。

大嫌いでした。

そんな私にスペイン内戦時の詩の話されてもぽかーんですよ。

授業わからな過ぎて、なーまーら凹んで、で、わかんなかったから家で自分でゆっくり復習したけど、復習してもわからない。

行間を読む的な作業+確か一つの言葉に二つの意味を含んでるとか先生が言ってたけど、知らんがなですよ。

Abandonar(放棄する)derrumbarse(気力を失う)aislado(孤独)exilio(追放)

って言葉が出てきて、何?私のこと?とか被害妄想に陥るくらいわからない。(笑)

もー今後歴史とか詩の授業があるなら学校休みたいレベル。

今後はないことを祈ります。

ちなみに今週の予定の中には歴史も詩もなさそうですが。

 

先週は学校のアクティビティ一切参加しませんでしたが、今週はちょっと参加しようと思います。

無理のない範囲で…。

 

土曜のイタリア人女子会(イタリア女子の送別を兼ねた)の時に食べたサラダ。
f:id:laori:20170822060147j:image

ギャッツビーのサラダ。なぜギャッツビーなのかはナゾ。

ズッキーニ&ドライトマト。なかなか美味しかった。

 

日々の気付き。と、さらっとバレンシア観光

珍しく雨が降っている本日のバレンシア

ちょっと曇ってる日に一瞬かるーくパラっと降ったのを2回くらいみたことあるけど、本当の雨の日は私がこっちに来てから初めてと思います。

雨降るんだね。

今日は学校のアクティビティは、モンタネホでトレッキングだった。

行かなくて大正解。

スペイン着いたばかりの数日は、毎日35度近くあって常に何か水分を携帯してないと熱中症になりかねないレベルでしたが、その後は27度くらいが少し続き、割と過ごしやすい気候でした。

この数日はまた気温上がって、昨日は32度くらい。

ここの気候がいいなと思うのは、夜中でも気温があんまり下がらないこと。

家にいる分にはエアコンあって快適だし、夜遊び的にも、札幌だったら絶対夜冷えるから何か一枚羽織るもの持ってなきゃいけないけど、こっちでは全くただの荷物になる。(笑)

もちろんエアコン効きまくりのバル店内に長くいたら寒いけど、私が属する集団は100パーセント外の席に座りたがるので、その心配なし。

 

私がバレンシアに着いた日に、ピソから1番近いスーパーで果物買えなく、翌日リベンジしようとしたらスーパーやってなかった、って書いたの覚えてらっしゃいますでしょうか。

翌日どころかずっとやってないさ!店内改装?毎日なんか工事やってて、よく見たら8/25リニューアルオープンみたいなこと書いてある。

よりによって私がバレンシア着いた翌日から工事するー?何そのタイミング。(笑)と、思ってたけど、ピソから1番近いバルもいつも閉まってるなーと思ってよく見たら8月いっぱいバケーションだそうです。

8月はバケーションシーズン、バルすらも休むのね。

もちろんやってるバルもたくさんあるけど、休みを取るとこもあるみたいです。

ピソのホストも8月に仕事してくれる電気工探すの苦労した、と言ってたしね。

 

家では、今のところ一度も料理しておりません。(笑)

このピソには調理器具一式が揃ってるけど、私多分最後まで料理しない気がする(笑)。

家で何か食べる時はスーパーで買ったパンとチーズとハムとサラダ用に切ってある葉野菜パックとかをお皿に盛って食べるというのが通例。

特に最初の頃はあまり食欲もなかったので毎日サラダだけだったりね。

今は食欲も出て来ました。米が恋しくなったら評判のいい日本料理店に行こうと思います。

日本料理店は本当びっくりするほどたくさんあるので、むしろ見極めが必要です。

 

バレンシアは、予め聞いていた通りスリやひったくりなんかは少ないと思います。

もちろん日本とは違うから外を歩く時は警戒してるけど、最初の頃はスマホスられないようにチャームつけてバッグと繋いだり、お財布も同じようにバッグと繋いだり。

でもこれバッグごと持ってかれたら意味ないんだよなー。と思いながらやってたけど、バレンシアではそこまで心配する必要ないのかなー?とか。

私の目付きの悪さが功を奏しているだけかもしれないけど。(笑)

昼間はサングラスしてるから目付きあんまり関係ないだろうけど、夜遊びに出掛ける時はミナミの帝王をイメージしながら歩いております。←(笑)

 

街を歩いてて気になるのが、ヒールを履いてる女の人が全然いない!

昼間はまず見かけない。

年齢に関係なくみんなフラットなサンダル履いてます。

夜になってちょっとお出かけって時間帯では2〜3割の人がウエッジソール履いてるの見かけるだけ。

それ以外の人はみんな昼に引き続きフラットサンダル。

この2週間以上で細いヒールの女性1人しか見てない。

オサレなお姉さんでした。多分お高い靴だと思う。スペインだしやっぱマノロの靴かな?!と思ったりした。

私はたまにダンスシューズ履いてお出かけします。

オサレってのはちょっと無理することだと思ってますから。

ちなみにまだ一度もサルサには行けてないけど、今週こそ行けるはず。

 

昨日昼間はほとんど初めてと言えるバレンシア市内観光に1人で行って来ました。

市庁舎の前を通って、 
f:id:laori:20170820210549j:image

バレンシア中央市場を軽く冷やかし、
f:id:laori:20170820210627j:image

世界遺産・ラ・ロンハ・デ・ラ・セダへ。
f:id:laori:20170820210710j:image


f:id:laori:20170820210754j:image

 

近くのバルでボカディージョ&ビール2杯。
f:id:laori:20170820210842j:image

やっぱ初めてのお店に1人はキンチョーします(笑)。

その後クアルトタワーというとこに行ったけどあんまりいい写真ない。

そしてセラーノスの塔へ。
f:id:laori:20170820210908j:image

反対側からの外観。
f:id:laori:20170820210936j:image

噂通りスーパーマリオ4面クリアした後のお城に似てる(笑)。

 

 

とか書いてる内に晴れて来た。

 

バスルームの鏡が初めて曇った日。

8/16(水)。

私がバレンシアに着いたのが8/4でしたが、当初からお湯の温度はとってもぬるかった。

スペインはこんなもんなのかもしれない、思っていたけど、途中からほぼ水になることもあり。

時間帯によって出る時と出ない時があるとか?

でもきっと、お湯の出具合のクセを掴めるようになればきっと大丈夫、と思っておりました。

その一方、突然の停電。

ドアマンを呼んで解決してもらったかに思えたけど、今度は洗濯機動かない。

部屋のホストに連絡して、ブレーカー操作したら洗濯機動いたけどまた停電。

ブレーカーを洗濯機が動く状態にしておくと、暫くすると停電する、というのを繰り返しておりました。洗濯の途中で停電して暫く戻らないこともあり。

考えてみれば停電が起きるようになってからお湯が出ない率が格段に上がったな…。

というわけでホストに連絡して、電気工を呼んで貰うことになりました。

月曜に電気工が来るけど、信頼できる人だからもしアナタがいない時でも部屋に入っていいかしら?とのことで、よっぽどの貴重品は家に置かないで、学校に行きました。

ってか月曜に来るとか言って月曜に来ないんでしょー?と、思ってたら本当に来てたみたいで。

結果湯沸かし器に問題があることがわかって、でも翌日火曜は祝日で(8/15は日本では終戦記念日ですが、スペインでは聖母被昇天の日という祝日なんだそう。大抵の学校とかは休みになると聞いてましたが私の学校はしっかり授業がありました。(笑))、修理は8/16(水)になるんだけど、いいかしら?いろいろ煩わしい思いをさせて本当にごめんなさいね。とのご連絡。

今更1日や2日湯が出ないくらい変わらないよ、と思ったので、きちんと対応してくださったことにお礼を言い、水曜ね!全然オッケー!ムーチャスグラシアースって送ったら、こちらこそアナタの忍耐に感謝します。と来ました。

 

と、ここまでのやりとりを全て自力で出来てたら、私本当すごいと思うんだけど。

そんな喋れてたら今授業でこんなに苦戦しないよね。うん。

自力ではなかったのです。

私はピソは学校やエージェント経由の手配ではなく、自分でairbnbで予約したので、部屋のことで何か起きても学校やエージェントをあてにできないということが最初からわかってました。

でもワタクシのスペイン語力も全く低レベルで、何か起きても一人じゃ解決できない!と、いうわけで、日本にいる間から、オンラインでスペイン語の先生をつけておりました。

何を隠そうSON四郎ヴォーカリストとしてお馴染み、マコトさん。

ひょんなことから、マコトさんがオンラインでスペイン語を教えてらっしゃることを知り、サポートをお願いすることにしました。

何か起きても、ってそんな何か起きることってないと思うから、きっと授業で分からなかったところをちょっと質問する感じになるかなーと思ってたら、本当に何か起きた(笑)。

交渉にあたり、出来るだけ自分で文章を作って添削して貰うパターンもありましたが、甘えて一から文章作って貰うこともありました。

マコトさん。本当にありがとうございます(T ^ T)

マコト先生がいなければこんな交渉はできなかった。

(私もマコトさんにオンラインでスペイン語教わりたい!って方はマコトさんに問い合わせてみましょう!)

 

で、水曜は午前の授業、授業は終わったけど、今頃部屋で作業されてるのかなー。作業してるとこに帰ってもくつろげないし、向こうも気遣うだろうし。

というわけでバレンシアでバルデビューしたお店に再訪。

f:id:laori:20170819005635j:image

f:id:laori:20170819005650j:image

今回は食べ物も注文してみた。

特別美味しい!とは思わなかったけど(笑)、お店のお姉ちゃん感じ良かったしまた行く!

14時頃ピソに帰ってみたらドアマンが、今部屋に電気工が来てるよ、と教えてくれました。

やれやれ、時間潰すの足りなかったか。もう一軒行けば良かったかなー。と思いつつ部屋にオラー!グラシアース!って入ったら。

 

目の前に太鼓腹のおじさんが半裸で脚立に登ってた。(笑)

 

ああーーごめんよー暑かったもんだから脱いじゃったんだ。と、言って(笑)。

いいえ、いいのよ。気にしないで。って返してよく見たら奥にもう1人いた。

若い半裸のイケメンが!(笑)

電気工が来るとは聞いてたけど、2人とは思ってなかったし、しかも内1人が半裸のイケメンとは聞いてないよ!!(笑)

おじさんの太鼓腹はアレですけども、半裸のイケメン間近で観られるならもっと早く帰れば良かったかしら。(笑)

私が帰ってから15分程で作業終了。

修理ではなく、交換だったぽい。

改めて半裸だったことをおじさんに謝られ、いや気にしないで。と言って、 お湯が出ることを確認して彼らは帰って行きました。

半裸のイケメン隠し撮りしたかったけど完全なるセクハラなので諦めました(笑)。

 

そして、熱いシャワーをバレンシアで初めて浴びることができました!

お湯ってこういうものだったよね!と感動。

そして2日経った今、停電も起きておりません!

部屋に関するいろいろがやっと解決したようでございます。

良かった!!!

 

 

バルセロナのテロのニュース、私は授業中に聞きました。

テレビではずっとテロのニュースが報道されています。

バルセロナと私が今暮らしているバレンシアはかなり離れていますが、今朝学校に行く時は警らのパトカーや、巡回の警官も多く見かけました。

今朝バレンシアの市庁舎前では追悼集会も開かれていたようです。

私は留学期間終了後スペイン各地を回る予定で、もちろんバルセロナも予定に入っています。

あるいは自分も被害に遭っていたかもしれないと思うと本当に怖いです。

犠牲になった方のご冥福と、被害に遭った方の1日も早い回復をお祈りいたします。

第2週目

日曜トレッキング中に、別のクラスのイタリア人女子に、アナタは明日は授業は何時から?と、聞かれ、え、明日は月曜だから午後からでしょ?と言ったら、毎週変わるはずよ!スクーロジー(なんか学校の予定とか管理するアプリ)で確認してみて!って言われて見たら、授業午前中だった!(笑)

あぶねー。(笑)

学校は、それぞれみんな期間はバラバラです。

夏、バケーションを兼ねて来ている人たちは、4週間の滞在という人が多い気がする。

でも1週間だけって人もいるし、本当にバラバラ。

私の入ったクラスの内、先週末で3人のドイツ人と1人のオランダ人が期間を終えて自国に戻って行きました。

そして、例の同じクラスのイタリア人女子は、もっとレベルが上のクラスに変更したので、クラスの半分である5人が変わりました。

新しく入ったのはオランダ人二人、イタリア人二人、フランス人一人。

なので現在の構成は、オランダ人3人、ドイツ人3人、イタリア人2人、フランス人1人、日本人1人。

アジア人はアジア人同士でつるむ説を検証したかったけど、同じクラスにアジア人がいないので、検証できません今のところ。

例のイタリア人女子が他のクラス、それも、時間帯も真逆のクラスに移ったので、距離が生まれました。

せっかく仲良くなったのに少し寂しい気もするけど、勉強的には好都合。

今週は今のところ毎日家で勉強しています。

月曜に、一週間の予定が配られて、例えば昨日水曜は映画というテーマで、線過去、点過去、大過去の使い方の比較、とか書いてあったから、それぞれ文法の復習と、アナタの1番好きな映画は何?とか絶対聞かれるから、準備しました。

好きな映画とか急に聞かれても困るし、あんまりマニアックなの言っても伝わらないし、準備しとかないとスペイン語以前の段階でつまづきますからね。

準備の甲斐あって、火曜はスペインに来てから初めて手応えを感じる授業でした。

「家に帰ったら、家の中がめちゃくちゃになっていました。

この前に起きたであろうことを想像して文章にしなさい」

って問題があって。(こういう、想像しなさいって問題多い。日本のスペイン語教材ではあまり見かけない形式です)

猫が部屋をめちゃくちゃにした、とか、泥棒に入られた、と解答する人が多い中、私は地震が起きた、と。

君の解答はとても日本的だ。と先生に言われて。確かに。

ヨーロッパってあんまり地震ないんだもんね。

水曜もまずまずの出来でした。

今日木曜は午後からの授業。

今日も頑張ります。

私はアクティビティの多さが楽しそうでこの学校を選んだけど、そんな毎日アクティビティなんか行ってられないって思い知ってる今。

毎週火曜のパエリアパーティーも今週はパス。

水曜が朝からの授業だったし、会場もちょっと遠いし、軽く先週のトラウマが。(笑)

他、今週はあんまり魅力的に思えるアクティビティがないから行かない!

2週目にして日和る。(笑)

だって予習しないと授業に追いつけないんだもの。

クラス変えることも考えたけど、変えなくてもいいっていうか、変えたい、とか先生に言うのがもうなんか億劫(笑)。

勉強と遊びの両立は難しい。

 

授業中驚くことは、みんな突然断りもなくトイレ行っちゃう。

あとなんか食べてたり。(笑)

日本じゃあんまり見かけない光景です。

あと意外とみんな貧乏ゆすりが多い!!

 

f:id:laori:20170817173129j:image

画像は記事と関係ないけど、スーパーでナゾのドリンクみかけました。

独自強壮?ゆず茶とか書いてある。(笑)

ゆず茶のエナジードリンク?高かったから買わなかった。(笑)

 

f:id:laori:20170817173400j:image

ピソの近くにリンツ路面店があって、ちょっと入ってみたらお店のお姉ちゃんが超親切で。

近所のバルでビール飲んだ後のほろ酔いも手伝って30ユーロ分のチョコを買う奇行。(笑)

バレンシアにいる間に食べきれない自信あったので同じクラスのドイツ人女子にお裾分けしました。

3回目のビーチと思わせてまさかのトレッキング。

ほとんど毎日何かしらのアクティビティがあるワタクシの行ってる学校。
日曜のアクティビティは、カラ・モライグでセンデリスモ。
カラ・モライグってどこぞ?センデリスモって何ぞ?
私これ行かなくていんじゃね?
と、思ってたら、例のイタリア人女子が、私達はこれに絶対行くべきよ!
ネットで写真を観たんだけど、すっごくキレイなビーチがあるのよ!!との熱弁。
そうなのー?じゃあ申し込んどくかー。ってなんとなく行って来たんですが、確かに物凄いキレイなとこでしたよ。

海の色が信じられないほど綺麗で、それに面する太古のロマン感じるゴツゴツした岩山との対比が良い。
私日本にいる間にバレンシアのこと随分調べたけど、カラ・モライグって場所のこと全然知らなかったよ。と、もう1人のイタリア人女子に言ってみたら、それはきっと、カラ・モライグはバレンシアというよりアリカンテに近いからじゃないかしら、とのこと。なるほど。
バレンシアから貸切バスで1時間半。
さすがのイタリア人女子も、この遠さだと素直に従って学校のバスに乗ってました(笑)。
1時間半と書いたけど、実際にはもっとかかった。運転手の方道間違えて2時間以上かかってた。(笑)
日本では起こらないよねコレ。(笑)
着いたら、引率の先生が、選択肢が二つあります。と。
ビーチで過ごすコースか、トレッキングに挑戦するコースか。
普段の私のキャラをご存知の方なら私がトレッキングなんかやるわけないこと想像に難くないと思います。
が、なんとこの日、波が高くて遊泳禁止だったの!!!
ってことはただひたすら13時頃から帰りの19時頃まで砂浜で転がってるってこと?
しかもお酒もあんまり飲まない皆さんと?
それやだな…。
いつも一緒のイタリア人女子&ドイツ人女子はビーチで過ごすと言ってたんだけど、もう1人のイタリア人女子とそのカレシはトレッキングやるっていうんで、私もお邪魔虫であることを承知しながらそちらにご一緒させていただきました。
センデリスモは、トレッキングって意味でした。
意味わかってないまま、サンダルじゃなくスニーカーを履いてくるといい、と先生が言ってたのを素直に聞いてた私はちゃんとスニーカー履いてたし。
ゴツゴツした道、ほとんど崖みたいなとこを草を掻き分けながら登ったり降りたりくぐったりしながら進む。
忘れてたけど、私のおじいちゃん家はど田舎で、そこでよく虫を取ったりして遊んだし、木に登るのも好きだったし、川で遊ぶのも好きだったなーとぼんやり思い出しました。
上からじゃないと見られない景色もたくさんあったしね!




私はとにかく水辺が好きだから、山登りにはあまり魅力を感じないのですが、こういう横目に水辺を感じながら、っていうのならいいな。と思った。
なかなかハードな道のりだったけど、ビーチで転がってるより数倍良かったと思う!

トレッキングから戻ってしばらくお喋り。っていうか私はもちろん相槌係ね。(笑)
なんだかんだでバレンシアに戻ったのが21時過ぎ。
くったくたなところ、これからご飯に行こうという既に予定調和とも言える超元気なイタリア人女子たち。(笑)
いや、ごめん。疲れたから私帰るね。
と、帰ったら、やっぱりお湯は出ないのであった。

続く!!!

終わらない週末。

金曜の夜遊び帰りに寄ったパン屋さん?ボカディージョを買ったら、「シェイシェイ」って言われた(笑)。

ノー、私は日本人だから、「ありがとう」よ。と笑って返しました。

中国人だと思われるのは想定内でしたが、翌日の19時過ぎに声をかけて来た人、アレなんだったんだろ、ナンパだったのか、何かの勧誘だったのか?

君はポリネシアンかい?って言われたさ!(笑)

私、ポリネシアの人に見える?(笑)

でもなんかちょっと嬉しかった(笑)。

その後寿司レストランの前を通ったら、お客さんの少ない時ウェイターが外に出て呼び込みをしてる時があるんだけど、舟盛りの巻き寿司を持ちながら、

スシは好きかい?

と聞いた来たので、また中国人と思われたかと思って、

もちろんよ私日本人だもの。

と言ってみたら、

ああ。そうだろうと思ってたよ。と仰ってました。

学校のアクティビティで少し話したモロッコ人男性も私が日本人って一発でわかって、フランスの大学に行ってた時日本人の友達がたくさんいたんだって。

日本人他アジア人と関わったことがある人は、多少東洋人の顔の違い見分けられるようになるのかもしれません。

 

金曜の授業のこと書いてませんでしたが、金曜の授業が自分にとっての初週ハイライトとなりました。

チームに分かれて1人がホワイトボード(←正確にはiPadスライドみたいなやつだけど)に背を向けて、そこに先生が書いて行く動詞だったりの単語を他の4人がヒントを出して、背を向けてる人に当てさせる対決。

私結構答えられたんです!vacioとかmaderaとかolvidarとか、あとpuenteね!

プエンテ答えられなかったらサルサDJとしてはまずいね。(笑)

クラスの皆さんも認めて下さいました。

そんな喋れないのにおめーなんでここのクラスにいるんだよ。みたいになってたと思うんだけど(笑)、私は語彙がクラスの他のみんなよりすこーしだけ多いんですきっと。

それだけの理由でこのクラスに入ったんですきっと。

私にも出来ることがあるってわかって少し安心した。

前日のドイツ人会でも、いい先生と、そうじゃない先生がいるわよ、と言われてました。

いい先生っていうのはつまり説明がわかりやすい先生って意味です。

先生も毎週同じとは限らないから、来週は別の先生にあたるといいわねーって言ってたけど、今週も結局同じだった…。

 

土曜は学校のアクティビティで、アルプフェラ湖遊覧っていうのに申し込みしてまして。

(手書きスペイン地図の青くなってるとこです)

f:id:laori:20170510212827j:plain

しかしすぐ予定を曲げたがるイタリア人女子の会(笑)。

アルプフェラ湖から割と近いっちゃー近いエル・サレールビーチに行ってから、アルプフェラ湖遊覧に合流する。ってことに…。

いいんだけどさ。^^;

相変わらずただひたすら付いていくだけのワタクシ。

エル・サレールビーチは、先日のマルバローサビーチに比べると、ゴミも落ちてないし、なかなかキレイなとこでした。

一緒のポーランド人女子は水中メガネ持参で、がっしがし泳ぐタイプなんだけど、イタリア人女子はまず水に入らない。(笑)

ビーチに寝っ転がって時を過ごす。しかもビールナシ。

それ、楽しいの?(笑)

もう文化が違い過ぎてわけがわかりません。(笑)

私もいつものようにビールと行きたかったんですが、この日は超長丁場、翌日も早いってことがわかってたのでエナジードリンクで我慢。

 

アルプフェラ湖に移動。

でも正直イマイチだったかな。

夕日が沈むのが美しいと有名なとこなんですが、スペインは今時期日が暮れるのは21時過ぎ。

我々が船に乗ったのは19時過ぎだったと思う。

夕日が沈むのは観られませんでした。

アルプフェラ湖周辺はパエリア発祥の地として有名で、船を降りた後学校のみんなでお店に入ろうかと引率の先生が動いているところ、私達は別の店に行く、と始まるイタリア人女子。(笑)

そしてしばらく街並みを見て、やっと入った店でメニューを見ていたら、私今すごくすごくすごくシャワー浴びたい。と言い出し何も注文せず店を出て 、先生に私達は先に帰る、とメールする始末。(笑)

何でも変えちゃうのねー。

まー早く帰れる分には大歓迎だけど、パエリア発祥の地でパエリア食べたかったな。(笑)

そして一旦解散。

22:15集合で夜遊び。

ポーランド人女子が翌日帰っちゃうから、これは断れなかった。

ポーランド人女子、いつも優しかったし。

家に着いたのが21時過ぎで、超速でシャワー浴びる。

この日珍しくお湯が出たから、ゆっくり浴びたかったけどね…。

待ち合わせに集合したけど、暫く店が決まらない。

あっちはヤダとかこっちはヤダとか。

みんな疲れてるんだよね?お腹空いてるんだよね?もうどこでも良くない?と言いたかったよ…。

やっと入ったお店で、ラグリマス・デ・ポージョ(鶏の涙)って何ぞ?と思いながら注文してみたのがこちら。

f:id:laori:20170816051537j:image

何のことはない、鶏ささみに衣をつけて揚げたやつ。

不味くなりようもないやつ。

普通にビールに合うやつでした。

 

 
f:id:laori:20170816041448j:image

エル・サレールにて。

サングラス掛けてれば意外と欧米女子に紛れても浮かないということがわかった(笑)。

でもこんな生っちろいポリネシアンはいないと思いますけどね。(笑)

 

続く!

 

ビギナーズラック&バッド

冷たいシャワーにも若干慣れてきた感のあるらおりちゃんinバレンシア

コツは、私はあえて冷たいシャワーを浴びている、と思い込むこと。

お湯の件含め部屋の電気問題は解決の方向で進めております。

この件はまた改めて。

 

先日の続き。木曜。

夜は例のクラスメイトとのお食事の予定。

木曜の授業は午前で、そしたら例のイタリアーナが、今日は午後から水族館に行くの!アナタも一緒にどう?とのこと。

御断りしました(笑)。

本当アナタ達いつ寝てるの?何でそんな元気なの?(笑)

私は学校後は1人で近所のバルに入ってみました。

f:id:laori:20170812190010j:image

塩鱈のコロッケと酢漬けのイワシ。

どっちも及第点。
f:id:laori:20170812190037j:image

いつも暇そうなの(笑)。あんまりお客さん入ってないお店(笑)。

だからこそ入れる!(笑)

混んでるお店にはまだビビって1人で入れない私^^;

帰って、やっとこの日まともに勉強できました。

授業にはあんまりついていけてないねー。

もっと下のクラスに移るべきか…

 

で、夜はオサレしてオサレなレストランに行って来ました。

私以外の3人は全員ドイツ人という会。

バレンシア名物のちっこいムール貝を食べられることを楽しみにしてたけど、この日既に売り切れ(泣)。

料理の写真撮り忘れたんですがいろいろ美味しい物食べました。

3人共日本に興味を示してくれていたので、拙いながらもいろいろスペイン語喋りました。

アナタは典型的な日本人女性とは違う、と言ってたけど、どんなところが違うの?

とのご質問頂戴致しました。

そーねー例えば、日本人女性は言いたいことがあっても言わないけど、私は言う。

と、ご説明申し上げました。(笑)

その方がいいわよ!

と、仰っていただきました。(笑)

他には?とのことでしたので、

日本人女性というか、特に私の住む地域の女性はあまりカラフルな色を身に付けないけど、私は着る。

と、申し上げましたところ、わかるわー、と。

その日カラフルな花柄のオールインワンを着てたドイツ人女性。

こんなのドイツで着たら頭おかしいと思われるわ。って笑ってました。

スペイン人ファッションについては後日改めて書きたいですが、札幌じゃ目立つような格好も、こっちじゃむしろ自然で私は嬉しい。(笑)

そして、持ってったら絶対いい!とのアドバイスをいただいていた、筆ペン登場させましたワタクシ(笑)。

3人それぞれの名前を、ひらがな、カタカナ、そして漢字で書いて差し上げましたところ大変喜んでいただきました。

30年前に取得した書道準初段が今初めて役立ったと思う。(笑)

 

二軒目、老舗のバルへ。

あまり若いお客さんは来ない店だけど、ネクタイを締めて白のコックコートと白衣の間みたいなのを身に付けた円熟バーテンダー達がいい味を醸してました。

 
f:id:laori:20170815055751j:image

この日すんごい楽しかった。

いつもこの集団で行動したかったよ…。

でも何せこの会は内2人が最後だからっていうお別れ会だったからね〜。

金曜は午後の授業。終わって夜はいつものイタリア人女子の会。

つまり相槌と愛想笑いの会。

でも、この日内1人のイタリアーナのカレシがイタリアから来ていて、その人が日本に興味あるタイプの方だったので、高校時代からの親友が持たせてくれてた折り紙登場させて、鶴に挑戦していただきました。(笑)

たくさんのことを喋れない内は個性ではなく日本文化を盾に勝負してやろうという手段です。

 
f:id:laori:20170815061019j:image

スペインでやっとエビ。

エビのアヒージョ。

素材がシンプルなので日本で食べるのとほとんど変わらない。


f:id:laori:20170815061054j:image

スペインにて初モヒート。

イタリア人女子は子供の頃に両親とキューバに行って、ボデギータにも行ったんだそうです。

 

ワタクシは途中でお暇。

翌日土曜&日曜は学校アクティビティ2連。

続く。