今日も好きに生きてます。~37歳スペイン短期留学&周遊

留学ってその気になればいつでも誰でもできるんだね。ってことを体現するブログです。

終わらない週末。

金曜の夜遊び帰りに寄ったパン屋さん?ボカディージョを買ったら、「シェイシェイ」って言われた(笑)。

ノー、私は日本人だから、「ありがとう」よ。と笑って返しました。

中国人だと思われるのは想定内でしたが、翌日の19時過ぎに声をかけて来た人、アレなんだったんだろ、ナンパだったのか、何かの勧誘だったのか?

君はポリネシアンかい?って言われたさ!(笑)

私、ポリネシアの人に見える?(笑)

でもなんかちょっと嬉しかった(笑)。

その後寿司レストランの前を通ったら、お客さんの少ない時ウェイターが外に出て呼び込みをしてる時があるんだけど、舟盛りの巻き寿司を持ちながら、

スシは好きかい?

と聞いた来たので、また中国人と思われたかと思って、

もちろんよ私日本人だもの。

と言ってみたら、

ああ。そうだろうと思ってたよ。と仰ってました。

学校のアクティビティで少し話したモロッコ人男性も私が日本人って一発でわかって、フランスの大学に行ってた時日本人の友達がたくさんいたんだって。

日本人他アジア人と関わったことがある人は、多少東洋人の顔の違い見分けられるようになるのかもしれません。

 

金曜の授業のこと書いてませんでしたが、金曜の授業が自分にとっての初週ハイライトとなりました。

チームに分かれて1人がホワイトボード(←正確にはiPadスライドみたいなやつだけど)に背を向けて、そこに先生が書いて行く動詞だったりの単語を他の4人がヒントを出して、背を向けてる人に当てさせる対決。

私結構答えられたんです!vacioとかmaderaとかolvidarとか、あとpuenteね!

プエンテ答えられなかったらサルサDJとしてはまずいね。(笑)

クラスの皆さんも認めて下さいました。

そんな喋れないのにおめーなんでここのクラスにいるんだよ。みたいになってたと思うんだけど(笑)、私は語彙がクラスの他のみんなよりすこーしだけ多いんですきっと。

それだけの理由でこのクラスに入ったんですきっと。

私にも出来ることがあるってわかって少し安心した。

前日のドイツ人会でも、いい先生と、そうじゃない先生がいるわよ、と言われてました。

いい先生っていうのはつまり説明がわかりやすい先生って意味です。

先生も毎週同じとは限らないから、来週は別の先生にあたるといいわねーって言ってたけど、今週も結局同じだった…。

 

土曜は学校のアクティビティで、アルプフェラ湖遊覧っていうのに申し込みしてまして。

(手書きスペイン地図の青くなってるとこです)

f:id:laori:20170510212827j:plain

しかしすぐ予定を曲げたがるイタリア人女子の会(笑)。

アルプフェラ湖から割と近いっちゃー近いエル・サレールビーチに行ってから、アルプフェラ湖遊覧に合流する。ってことに…。

いいんだけどさ。^^;

相変わらずただひたすら付いていくだけのワタクシ。

エル・サレールビーチは、先日のマルバローサビーチに比べると、ゴミも落ちてないし、なかなかキレイなとこでした。

一緒のポーランド人女子は水中メガネ持参で、がっしがし泳ぐタイプなんだけど、イタリア人女子はまず水に入らない。(笑)

ビーチに寝っ転がって時を過ごす。しかもビールナシ。

それ、楽しいの?(笑)

もう文化が違い過ぎてわけがわかりません。(笑)

私もいつものようにビールと行きたかったんですが、この日は超長丁場、翌日も早いってことがわかってたのでエナジードリンクで我慢。

 

アルプフェラ湖に移動。

でも正直イマイチだったかな。

夕日が沈むのが美しいと有名なとこなんですが、スペインは今時期日が暮れるのは21時過ぎ。

我々が船に乗ったのは19時過ぎだったと思う。

夕日が沈むのは観られませんでした。

アルプフェラ湖周辺はパエリア発祥の地として有名で、船を降りた後学校のみんなでお店に入ろうかと引率の先生が動いているところ、私達は別の店に行く、と始まるイタリア人女子。(笑)

そしてしばらく街並みを見て、やっと入った店でメニューを見ていたら、私今すごくすごくすごくシャワー浴びたい。と言い出し何も注文せず店を出て 、先生に私達は先に帰る、とメールする始末。(笑)

何でも変えちゃうのねー。

まー早く帰れる分には大歓迎だけど、パエリア発祥の地でパエリア食べたかったな。(笑)

そして一旦解散。

22:15集合で夜遊び。

ポーランド人女子が翌日帰っちゃうから、これは断れなかった。

ポーランド人女子、いつも優しかったし。

家に着いたのが21時過ぎで、超速でシャワー浴びる。

この日珍しくお湯が出たから、ゆっくり浴びたかったけどね…。

待ち合わせに集合したけど、暫く店が決まらない。

あっちはヤダとかこっちはヤダとか。

みんな疲れてるんだよね?お腹空いてるんだよね?もうどこでも良くない?と言いたかったよ…。

やっと入ったお店で、ラグリマス・デ・ポージョ(鶏の涙)って何ぞ?と思いながら注文してみたのがこちら。

f:id:laori:20170816051537j:image

何のことはない、鶏ささみに衣をつけて揚げたやつ。

不味くなりようもないやつ。

普通にビールに合うやつでした。

 

 
f:id:laori:20170816041448j:image

エル・サレールにて。

サングラス掛けてれば意外と欧米女子に紛れても浮かないということがわかった(笑)。

でもこんな生っちろいポリネシアンはいないと思いますけどね。(笑)

 

続く!