今日も好きに生きてます。~37歳スペイン短期留学&周遊

留学ってその気になればいつでも誰でもできるんだね。ってことを体現するブログです。

おちょ・あぺじーどす・ばすこす

昨夜はいつも応援してくれる姉さんと飲みに行って、餞別を頂戴するの巻...。

お気遣い本当にありがとうございます。

餞別を送ってくれた方へのお土産をそれぞれに合わせて考えるのも楽しそうだな♪

っていうのはいいんですが。

肝心の勉強はどうした、という感じです。

今日はスペイン語レッスンでしたが。むー。相変わらず喋れない具合がスゴい。

もう7月になります。

ってことはそろそろ学校の用意したレベルチェックの為の筆記テストと、スカイプ面接を受けなければなりません。

もう先延ばしにはできない時期です...。

 

かつてのサルサ仲間で、現バルセロナ在住の友人から勧められました映画。

f:id:laori:20170628222543j:image

OCHO APELLIDOS VASCOS

スペイン国内でのスペイン映画史上興行収入ナンバー1の映画だそうです(スペイン映画以外を含むと2位。1位はアバターだそうな)。

日本ではDVD発売されておらず、アマゾンマーケットプレイスにてスペインへ発注。

5月末くらいに届いていたのですが、開封せず1ヶ月経過。

本日やっと観ました。

スペインのDVDはリージョン2で、日本と同じだから大丈夫!と思いきや、でもDVDプレイヤーで再生できませんでした。

機種にもよる???

まーパソコンでは再生できたので良いのですが。

こちらの映画は日本未公開なので、当然日本語吹替や日本語字幕がついてるわけもなく。

スペイン語字幕か、英語字幕が選べるようになってました。

とりあえずスペイン語字幕にするよね。

聞き取れなくても字幕見ればわかる言葉もあるし!!

と思ってたけど。会話速くて字幕読む&理解するのとても追いつかないわ!!(笑)

あまりにもわからない部分は、英語字幕にしてもう一回再生してみたり。

私の英語は中学レベルですが、そんな中学レベル英語でも、スペイン語より英語の方がまだ私理解できてるような気になったりもしました。

映画はコメディなんだけど、面白いんだけど、なんかもうすっごい目が疲れた(笑)。

内容は、半分くらいしか理解できなかったように思います。

普段ラテン音楽を聴いているワタクシですが、何度も聴いてる内に単語が聞き取れるようになるってことが結構あるので、映画も何回も観るごとに理解できる会話が増えていくんだろうとは思います。

気付いたことというと、アンダルシアの人は「S」をほとんど発音しないって聞いたことあったけど、たしかにーと思って観ました。

ヒロインが身につけてる服が緑が多いのは、やはりバスクのイメージを色で表現してるのかなーと思ったり。

主演の俳優さんがもっとイケメンだったらもっとやる気出して何回も観る気になるんだけど...と思ったり(笑)。

でもこの映画の主演の二人はこの映画での共演を機にお付き合いしはじめたとのことです。

今も続いてるのかな?

そして、この映画にはなんと続編が。

オチョ・アペジードス・カタラネスというらしい。(笑)

今度はアンダルシアそしてバスクVSカタルーニャということでしょうか。(笑)

この映画がスペイン国内でのスペイン映画史上第2位の興収を記録してるんだそうです。

続編ってコケることも多いのに凄いですよね。

せっかくだからそれも観てみたいぞ!と、アマゾンで検索したら、DVDは売り切れ、入荷未定。ブルーレイが売ってて、でも7000円もして、7000円もするのかーちょっとなー...どうしようかなー。DVDその内入荷するかなー?それまで待とうかなーとか暫く考えてから気付く。

ってかスペイン行った時に買って来ればいんじゃね?

盲点でございました。(笑)

 

が。

さらに今調べたら、カタラネスの方はネットフリックスで日本語字幕で観られるっぽい...。

でもバスコスの内容もまだきちんと理解してないのに日本語字幕でカタラネスを観るのは「逃げ」では?!と自問中です。